風呂のニオイの原因と対策

風呂のニオイの一番の原因はカビですが、この風呂のニオイは一筋縄では取ることができません。それは、風呂の汚れにはカビの他に人間の体の垢やアブラ、石鹸カスや水垢などの複数の汚れや悪臭の原因があるためです。

人間の垢とアブラ

風呂場の掃除には順番があります。
まず最初に人間の垢やアブラ(皮脂)汚れを掃除します。
人間の垢の成分はタンパク質ですがこのタンパク質が細菌によって分解されることで、嫌なニオイを出します。
また、人間の皮脂も腐敗することでニオイの原因となります。
人間の垢や油汚れはカビ取り剤では落ちないので中性洗剤を使います。
浴室の床や壁のタイルや浴槽の内側の他、パネルタイプの浴室ユニットでは風呂の立ち上がり部分のエプロンを外して、その裏側も掃除します。
FRPやホーロー風呂桶では内側に傷をつけないようにスポンジを使いますが、化粧材のエプロンの裏側や風呂桶の外側はざらざらしていて汚れが取れにくいので、スポンジのざらざらしている部分やタワシを使って掃除をします。

石鹸カス

人間の垢や皮脂ヨゴレの次は石鹸カスを掃除します。
石鹸カスはアルカリ性なので風呂桶の掃除に使った中性洗剤ではなく、酸性洗剤を用意して、石鹸カスを取り除きます。
石鹸カスが1番溜まる部分は風呂場の排水溝と風呂桶の下側になる部分です。
通常、風呂桶は人間が入る側が化粧板で覆われていますが、この化粧板が取り外せる場合は外すことで化粧板に隠れた壁面部分や風呂桶の下側部分を掃除します。
石鹸カスはスポンジでは落ちないので、少し固めの掃除用ブラシやタワシを使って落とします。
この時に注意することは、酸性洗剤は中性洗剤と異なり、手を痛めるので必ずゴム手袋をして作業することです。

水アカ

水アカは水道水に含まれるミネラル分などがウロコ状になって鏡や水栓についたものです。
この水アカはただの汚れであり、ニオイの原因となるものはありませんが、水垢が土台となって、その上に人間の垢や皮脂や石鹸カスが積層されて腐敗することで悪臭の原因となる場合があります。
また水垢を掃除することで、見た目も格段に綺麗になるので、ついでに掃除しておくと良いでしょう。
水垢の掃除にはクエン酸を使います。
クエン酸はレモンなどに含まれる成分ですが薬局で粉末のものを安価に入手することが可能です。
クエン酸で水アカをとるには、まずクエン酸を水に溶かして濃いめのクエン酸溶液を作ります。
次にそのクエン酸溶液をタオルに浸して水垢のついてる部分に乗せ、水分が蒸発しないようにラップで包んで一晩おきます。
翌日ラップとタオルを剥がして水流いしながらスポンジで擦ります。
水垢が残っているときは、これを数回繰り返すことで徐々に水垢を取ることができます。

目地のカビ

最後にタイルについたカビを取り除きますが、この時はカビ取りスプレーを使います。
カビ取りスプレーに含まれる水酸化ナトリウムは手の細胞を痛める成分が含まれているので、必ず耐薬品性の手袋を使って作業をします。
タイル上のカビはスプレーをかけた後、たわしや雑巾でこするだけで取ることができますが、タイルとタイルの間の目地(メジ)部分はカビが取れないことがあります。
このような場合はタイルの目地部分にカビ取りスプレーをかけながら歯ブラシでこするとカビを退治することができます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.